E2ビザ

E2ビザとは?

E2 ビザ

アメリカに移住するための選択肢としてE2ビザと呼ばれる投資家ビザの選択肢があります。アメリカの投資家ビザは通常EB-5と呼ばれる1億円する投資家ビザなのですが、このEB-5はビザを取得するまでに1年ほど時間がかかるのに加え、ビザを取得できる保証もありません。

E2ビザはEB-5と違って約3000万円、約3か月でビザを取得することができます。E2ビザはアメリカと友好関係にある少数の国の国籍を持っている方でないと発行することはできません。幸い日本はその数少ない国の中に選ばれています。

E2ビザでオーナーになる

E2ビザ オーナー

E2ビザでは企業のオーナーになる必要があります。ほとんどの日本人は一から起業しようとするのですが、アメリカではそう簡単にいきません。アメリカ人が信用のない外国人に対してお金を貸すことはまずありません。

したがってアメリカで新しくビジネスを始める場合は、リース契約をさせてもらえなかったり、またビジネスライセンスを取得することもできない場合があります。ビジネスが開始できないのに余計な出費がかかることも少なくありません。

 

E2ビザではM&Aをすることができる

E2ビザ M&A

E2ビザは新しいビジネスをしなければいけないという制約はありません。既存のビジネスを買収することも可能です。日本人にとっては馴染みがないかもしれませんが、アメリカでは頻繁にビジネス買収が行われているので、M&Aを行うことは稀ではありません。

M&Aには数多くのメリットがあります。M&Aをすると前のオーナーがほとんどのケースでは手助けしてくれるため、リース契約がスムーズにいきます。またMAをするとビジネスライセンスがそのままついてくるので、新しくライセンスを取得する必要がありません。したがって、問題を抱えることなく、黒字経営をすることが可能になります。

 

E2ビザはどのような人にオススメか?

・家族でアメリカに移住したい方

・子供をアメリカの大学に入れたい

・アメリカで専門資格を取る前に働きたい方

・アメリカで会社を経営したい方

・アメリカに移住したい方

E2ビザを取得するべき方はこれらの通りです。E2ビザはアメリカに移住するための数少ないビザなので、アメリカに永住したい方にはオススメのビザです。

 

E2ビザの取得条件

E2ビザ 条件

このように聞こえの良いE2ビザですが誰でも簡単に取得できるわけではありません。E2ビザを取得するためには、日本で管理職経験を持っている必要があります。E2ビザはアメリカの社会に貢献できるような人材に対して発行されるビザのため、職務経験のない方は取得することが非常に困難になります。

しかし職務経験があればほとんどの場合、ビザを取得しアメリカに移住することができるのでかなりオススメです。

 

E2ビザからのグリーンカードへの切り替え

グリーンカード

E2ビザの良いところは他にもあります。E2ビザは更新年数に制限がないので、半永久的にアメリカに滞在することができます。E2ビザは永住権とほとんど変わらないといっても問題ないでしょう。またE2ビザは永住権への切り替えも可能で、企業の経営状態が良いと永住権を申請することができます。

結婚以外でグリーンカードを取得することができなくなっているアメリカでグリーンカードを容易に取得できるE2ビザは日本人にとってかなりオススメのビザになります。

 

E2ビザに関して質問がある方へ

E2ビザ 問い合わせ

弊社では無料相談を行っているので、アメリカに移住をしたいと考えている方はご気軽にご連絡ください。アメリカのビザは本当に複雑で個人のシチュエーションによって最適解が異なります。特に経営経験があったり、専門性に優れている方は比較的アメリカに移住しやすい傾向にあります。

お問い合わせはこちら

0