アーティストビザ

アーティストビザ(O1ビザ)

科学、教育、ビジネス、スポーツ、芸術、テレビ、映画で卓越した能力を持っている人を対象に発行されるビザです。有効期限は最大で3年で、その後活動の必要性に応じて1年ごとに延長されます。個人で申請ができないため、アメリカ国内の企業やエージェントのスポンサーが必要となります。O1ビザ申請者の配偶者と子どもは03ビザの申請が可能です。

必要条件

O1ビザは以下の2種類にわかれ、それぞれ規定の要件を満たす必要があります。

O1Aビザ

科学、教育、ビジネス、スポーツにおいて卓越した才能を持っている人に発行されるビザで、その才能を示すためにノーベル平和賞のような国際的に評価の高い賞の受賞者であるか、もしくは以下の条件のうち3つを満たしている必要があります。

  • その分野において国内外で評価されている賞の受賞者である
  • その分野において優れた業績をあげた者のみが入会できる団体の一員である
  • その分野で上げた業績が専門誌や著名な業界紙、その他の著名なメディアに掲載されたことがある
  • その分野において審査員や審判となった経験がある
  • 著名な団体・組織における重要な役職を務めたという雇用証明
  • その分野にいる他の者と比較して多額の給与や報酬の支給を受けている

O1Bビザ

芸術分野で卓越した能力を持っている、または映画やテレビ業界において優れた業績を上げた者に発行されるビザで、専門分野においてアカデミー賞、エミー賞、グラミー賞または監督協会賞などの国内外の著名な大賞の受賞候補者にノミネートされた、または受賞したことがあるが、または以下の条件のうち3つを満たしている必要があります。なお、映画とテレビ業界については審査の基準は厳しくなります。

  • 著名な作品や公演に主役または重役として出演したことがある
  • 顕著な業績を上げ、その事実が著名な新聞や業界紙、雑誌やその他の出版物によって取り上げられた
  • 著名な組織や団体において主役または重役として出演した
  • その分野にいる他の者と比較して多額の給与や報酬の支給を受けている
  • 本人の業績がその業界における団体や評論家、政府機関その他の著名な専門家の団体から高く評価されている

申請の流れ

  1. 自分が専門的な能力を持っているか検証し、証拠書類を集める
  2. 同業者団体や労働組合、経営組織などから勧告的意見(Advisory Opinion)をもらう
  3. 1, 2とともにビザ申請書を移民局に提出する
  4. 移民局から認可が降りれば、在日米国大使館/領事館の面接予約をとる。面接で申請書類と内容に問題がなければ、その後1~2週間でビザが発行される

私たちプロにお任せください!

O1ビザ申請にあたって、同業者の団体や労働組合その他の関係団体から、O-1ビザ取得に関しても異議はないという意見書を入手しなければならなかったり、あなたの才能を証明する書類、その翻訳などを漏れなく準備する必要があります。もちろん、申請書も英語での提出になります。私たちは、ビザ取得を専門にしており、スムーズにビザ取得のプロセスが進むようサポートさせていただきます。ご不安な方でも、在米弁護士にズームを通してご紹介させていただくことも可能ですので、お気軽にご相談いただけます。

アーティストビザ取得エージェントサービス

$3,000.00

アーティストビザ(O1ビザ)の取得に向けて、ビザ申請の代行サービスをいたします。

商品カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

私たちは、あなたのアーティストビザ取得に向けて全力でサポートいたします。ご質問、ご相談はお気軽に以下のフォームよりお願いいたします。